ささがわ小児科クリニック

小児科,アレルギー科
〒950-0151 新潟県新潟市江南区亀田四ツ興野2-5-14

TEL 025-383-5500
トップページ»  クリニック職場体験会

クリニック職場体験会

平成24年8月5日 第2回ささがわ小児科クリニック職場体験会
『ドクター・ナースになりたい子 みんな あつまれ~!』

昨年に引き続き今年も8月5日(日)、第2回職場体験会を開催いたしました。

今年は高木様のご指導の下、職員全員で話し合ってこの会を企画いたしました。

9時~11時半は年長~小学校4年生を対象に13名の参加、午後1時~3時は小学校5年生~中学校3年生を対象に12名の参加をいただきました。クリニックは、参加者の2~3倍のご家族の方も加わり、普段とは違ってとても賑やで楽しい雰囲気で満ちていました。

1.「笑顔トレーニング」の実演…事務職員の企画
病院、医院はいろんな職種の方々が協力し合って成り立っています。当クリニックでも事務職員、看護職員がいます。事務職員は来院して最初に応対をする大切な役割を担っています。特に病院、医院の第1印象を左右しますので、お子さんやお母様方から安心、信頼してかかってもらえるように日々努力しています。今年はその中から、「笑顔トレーニング」を取り上げました。寸劇を交えて挨拶の良い例、悪い例を見せて笑顔がいかに大切かを実感してもらったあとで、我がクリニックで毎朝朝礼の時に全員で行っている「笑顔トレーニング」の実演指導を行いました。参加いただいたお子さん方は皆さんとても笑顔が上手になりました。

2.「こんにゃく星人」登場!…看護職員の企画
今年も小さいお子様グループはクイズラリーを楽しんでいただきました。中学生中心の第2グループでは看護職員による実演指導を行いました。包帯の巻き方、赤ちゃんの身体計測、模擬採血などです。特に模擬採血ではこんにゃくを使うのですが、毎日のように議論を重ね、できるだけ実際の採血の感じが出るように工夫しました。工夫内容は企業秘密なのでここでは「ひみつ」ですが、これを「こんにゃく星人」と命名しました。皆さんとても真剣な表情で「こんにゃく星人」と格闘し、上手に「採血」ができると得意気な表情をしていました。

3.聴診器でどんな音が聞こえるかな、レントゲン写真で何がわかるの…医師の企画
自分の心臓、肺、おなかの音を聞いてもらったり、簡単なレントゲンの見方を解説。普段医師がどんなことを考えて診察をしているのか、ちょっとだけご披露しました。

4.医師、看護師の体験談
どうして医師あるいは看護師になりたいと思ったか、そしてなってみてとてもうれしかったこと、悲しかったことなどをお話させてもらいました。この話を聞いて、少しは医師、看護師になりたいと思ってくれたかな。

5.その他
今年も1人ずつ院長と記念撮影した写真を使ってカレンダーを作り、ささがわ小児科クリニックのロゴを入れたエコバックなどとともにお土産にしてお持ち帰りいただきました。

会が終了して参加者がお帰りになった後、スタッフ一同つつがなく会が開催された安堵のため息と数ヶ月間努力した充実感で幸せな気分でした。

来年も普段掛かり付けのお子様方や地域の方々に楽しんでいただけるよう、このような企画を続けていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

なお、院内の掲示板には職場体験会のスナップ写真を掲示しています。来院された際には是非ご覧になってください。

 

母の聴診

 

クイズラリー

 

模擬採血

 

身体計測

 

包帯巻き

 

平成24年8月5日 第2回ささがわ小児科クリニック職場体験会
『職場体験会でアンケートをさせていただきました』

~低学年の部(13名)~
◎参加されたお子様    5~10歳 (平均6.6歳)

◎楽しめた内容でしたか?
楽しめた 10名
まあまあ楽しめた 0名
あまり楽しめなかった  0名
楽しめなかった  0名

◎時間帯や時間配分についていかがでしたか?
ちょうど良かった  7名
午前中の開催が良かった 2名
無回答  1名

◎お子様のドクター・ナースへの興味は強まったように感じられますか?(複数回答可)
楽しそうにしていた   1名
興味深く見入っていた 2名
興味が強まったと感じる  6名
いろいろと体験できてよかった 1名
無回答 1名

◎お子様の参加している様子はいかがでしたか?
楽しんでいた 9名
緊張していた 2名
戸惑っていた  1名

◎その他、御要望や感想はありますか?
・普段、見たり触ったりできない所も見れて、とても良かった
・司会者がすごく上手に楽しく進めてくれた
・プレゼントが素敵でした
・また体験会をして欲しい
・医師になるためにどのような勉強法(習い事など)をしたらよいのか教えて欲しい
・親がどんなに教え込んでも身につかない、心からの感謝の気持ちを教えてくださって嬉しかった
*低学年では保護者のみなさまに回答をお願いしました。


~高学年の部(12名)~
◎参加された方々の年齢    9~14歳 (平均11.2歳)

◎医師・看護師への興味は強まりましたか?
とても強まった 12名
まあまあ強まった 0名
変わらない  0名
弱まった  0名

◎時間帯や各体験ブースが15分という時間配分についていかがでしたか?
15分は短かった 8名
→(20分が良かった、体験時間をもう少し長くして欲しかった)
ちょうど良かった 4名
長かった  0名

◎楽しめた内容でしたか?
楽しめた  12名
まあまあ楽しめた 0名
あまり楽しめなかった  0名
楽しめなかった  0名

◎どんなところが面白かったですか?(複数回答可)
・模型の血液が採れた時
・先生たちのお話
・包帯を巻くこと
・乳児の身体計測
・赤ちゃんの抱き方
・レントゲン写真を見たこと
・看護師と話せたこと
・司会者の面白い話

◎その他、御要望や感想はありますか?
・やってもらうのと実際にするのではすごく違うので、体験できて良かった
・実際に体験してわかったことがあった
・すごく楽しかったです
・お土産がすごく良かったです
*高学年では保護者の付き添いはなかったため、ご本人に回答していただきました。

なお、院内の掲示板には職場体験会のスナップ写真を掲示しています。来院された際には是非ご覧になってください。

 

平成23年8月3日 第1回ささがわ小児科クリニック職場体験会
『ドクター・ナースになりたい子 みんな あつまれ~!』


ささがわ小児科クリニックは、平成12年10月に開院いたしました。昨年10周年を記念して、うちのクリニックをかかりつけにしているお子さんとその保護者の方のために、何か出来ることがないかと考えました。そこで浮かんだのがこの「職場体験会」の企画でした。さらに将来、一人でも多くドクターやナースになってもらいたい、そのきっかけになってもらえたら嬉しい、そんな思いも込めていざ実行に移そうとしました。しかし、どうしたらみんなに喜んでもらえるのだろうかと考えたのですが、なかなか良いアイディアが浮かばず、ペンディングとなっていました。

ところが、今年に入って、ギャラリーコーナーでお世話になっている高木様がこの企画に全面的に協力してくださることになり、妹さんご夫婦を巻き込んで企画から、運営を手掛けてくださいました。高木様と妹さんご夫妻は夜遅くまでアイディアを練ってコンピューターと格闘してくださっていたと聞きました。また、子ども用のドクターコートは市販されているのですが、小さなお子様用のナースウェアがないので、裁縫の得意なスタッフのお母様に作っていただきました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。そのようにして着々と準備が進みました。また、スタッフ一同、休みにもかかわらず当日の運営に全面的に協力してくれました。

 

 


当日は、第1グループ(2~4歳)、第2グループ(5~7歳)、第3グループ(8~11歳)と3グループに分け、それぞれ参加者を5~6名としました。内容は、クイズラリーをしながらクリニック内の見学をしてもらう、普段は見られない部屋を覗いたり、机の引き出し、冷蔵庫の中などを可能な限り見てもらう、実際に聴診器で心臓や肺の音を聞いたり、舌圧子で喉を見てもらう、白衣(ドクターコート、ナースウェア)を着て記念撮影を行う、などでした。

 

 


最初は緊張していたお子さんや保護者の方々が、途中から和やかな表情になり、最後はとても満足そうにして玄関を後にするのを見て、スタッフ一同疲れや緊張がいっぺんに吹き飛ぶ思いでした。これからもこのような企画を続けていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
なお、さらに詳しい当日の模様はクリニックのホワイトボードに掲示する予定です。クリニックにおいでになった際にどうぞご覧ください。